NanbyoData / NANDO について

免責事項

NanbyoData及びNANDOは誠実にデータを提供しますが、データの正確性、臨床的妥当性または有用性を検証することはありません。DBCLSは、明示的にも黙示的にも、利用者が当データを用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。DBCLSは、本サービスの変更、中断、または終了により被った損害に関しても、何ら責任を負うものではありません。また、ライフサイエンス統合データベースセンターのサイト・ポリシー内「免責事項」にも準ずるものとします。

ライセンス

NANDO及びNanbyoDataで提供されるデータは、クリエイティブ・コモンズ【表示4.0国際】ライセンスに従うかぎり、商用利用を含め、自由に複製または改変してご利用いただくことが可能です。
CC-BY 4.0 | DBCLS

難病情報ポータルサイトNanbyoDataについて

NanbyoDataは難病に携わる医療関係者・研究者・開発者向けに、研究やシステム構築に役立つデータを提供します。

難病オントロジーNANDOについて

NanbyoDataは難病オントロジー(Nanbyo Disease Ontology; NANDO)を介して国内外の難病関連データを集め提供しています。難病は「指定難病」制度と小児患者に限定した「小児慢性特定疾病」制度が存在し、それぞれ333疾患、762疾患が含まれています(2021年7月時点)。NANDOは、日本の難病制度の対象疾患について、その疾患概念や疾患同士の関係性を体系化した初めてのオントロジーであり、既存データベースへの普及を目指しています。NANDOの語彙一覧および階層構造は以下から参照可能です。
・語彙一覧
・階層構造

出典

厚生労働省「概要、診断基準等」(2020年7月14日に利用)
厚生労働省「臨床調査個人票」(2020年7月14日に利用)
小児慢性特定疾病情報センター「概要」(2020年7月14日に利用)
小児慢性特定疾病情報センター「意見書」(2020年7月14日に利用)

謝辞

本オントロジーの構築に際してDDrareおよびRDVJを参照した. 本オントロジーの構築にBioHackathonの成果を利用した.